カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

最大20%OFF1万円以上送料無料お急ぎ即時対応全品のし・手提げ袋付挨拶状付

新型コロナウイルス対応に伴う影響について
現在、新型コロナの影響により、一部の商品においては配送の遅延が発生しております。
ご注文は通常通り承っておりますが、商品により発送までお時間をいただく場合がございます。
お客様には、ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
※お急ぎのお客様はお電話にて納期をご確認くださいませ。


法要のマナー

参考文献「こんなときどうする 儀式110番」
(伊勢丹広報室編)

1.香典返しの相場・目安


■一般的には「半返し」


香典返しの金額の相場は一般的に「半返し」と言われています。
いただいたお香典金額の半額相当の品物を目安としてお返しをされる方が圧倒的に多いためそのように言われます。
たとえば、10,000円いただいた方には5,000円相当の商品をご予算としてお考えになさるとよろしいと思います。


■当日返しとの兼ね合い

ご葬儀当日にお茶などの当日返し(当日返礼品)をする習慣が最近は定着しました。当日はおおよそ2,000円~3,000円程度の品物をお返しされているかと思います。
たとえば、当日2,500円の商品をお返ししていた場合、いただいたお香典が5,000円であれば、当日返しで「半返し」となりますので、その後のお返しは不要です。

いただいたお香典が10,000円であれば、半返し5,000円-2,500円=2,500円となり、2,500円相当の品物を忌明け等の日時に合わせてお返しなさるとよいと思います。

なお、当日にお返しするハンカチ(500円相当)は会葬御礼品といい、「葬儀当日に来てくださってありがとう」という意味の品であり、お香典返しではありませんので、香典返しの予算とは別に考えられるのが一般的です。


■高額のお香典に対しては・・・

親族や身内からいただいた高額のお香典に対しては必ずしも半返しが必要ではありません。これは、親族や身内からの故人や葬家への気持ちでありますので、気持ちをありがたく受け取りましょう。あまりキッチリ半額お返しするのも、妙に仰々しいと思われることもあります。当店では香典金額3万円(15,000円相当の半返し)ぐらいまでを半返しの目安とされるようにおすすめしています。それ以上は3分の1、4分の1返しでもそれで失礼にあたることは全くありません。


2.香典返しの時期


■仏式の場合

お返しの時期は四十九日法要後にまとめて発送されるのが一般的です。四十九日(七七日)の忌明け法要を営むまでは「忌中・喪中」の期間であるからです。喪に服している間はお礼や香典返しは慎むのが本来の礼法にかなった答礼といえます。
ただし、最近では会社関係でまとめていただいた場合のごく簡単なお礼品や、葬儀でお手伝いいただいた方へなるべく早くお礼をしたい場合は、香典返しとは別に葬儀後ほどなく商品をお贈りされる方もいらっしゃいます。


■キリスト教の場合

香典返しは日本独特のしきたりで、キリスト教には本来「香典返し」という習慣がないのですが、時期としては三十日祭の召天記念日後にお贈りされるのが一般的です。


■神式の場合

神式の忌明けに相当するのは五十日祭です。香典返しはもともと仏式のしきたりなのですが、やはり仏式に準じた形でお贈りされています。


3.香典返しの礼状・挨拶状


■礼状・挨拶状について

香典返しを発送する場合、お世話になったことのお礼と四十九日法要・納骨が済んだこと、戒名の報告等の意味をこめて商品にご挨拶状を添付するのが一般的です。
香典返しを承っているお店であればどこでも用意していますので(多くのお店が挨拶状の無料サービス等を行っていますのでご利用されるといいですよ。)、そちらで問合せされるとよいでしょう。
なお、ご自宅の近所に直接お渡しなさる場合は、挨拶状の添付は不要です。直接お礼の言葉をおかけいただくのが一番です。また、法要当日の引き物(お越しいただいた方への手土産)には挨拶状は不要です。


■当店でご利用いただく場合

一般的な文例についてはご用意しております。また、当店でもご注文の商品分についてはご挨拶状作成は無料にて行っておりますのでどうぞご利用ください。
別文にて作成を希望の場合、別途5,250円(税込)の作成代金にて承っております。


■挨拶状の文例 【仏式㈰】
     挨拶状の文例 


4.香典返しにつけるのし


■香典返しにつけるのし

 香典返しをお送りする際にはのし(かけ紙)はつけるのがマナーです。地域性や慣習によってさまざまですが、一般的には下記のような表書きと水引で用意し、下には葬家の苗字を入れればよろしいかと思います。

表書き
水引
仏式(関東)
黒白結びきり
仏式(関西)
満中陰志
黄白結びきり
神式
偲び草
黒白結びきり
キリスト式
志・偲び草
黒白結びきり

■フルネームや○○家と入れるのはどうか?

どちらの場合も喪主の立場や葬家の事情によりそのほうが望ましい場合はフルネームや○○家といれてもよろしいかと思います。また、喪主が複数の場合などもそれぞれの氏名を書くこともあります。


■複数の法事を一緒にする時は・・・

二つや三つの法事をまとめて行うとき(通常三回忌以降)、のしの書き方は、仏さまになられた順に右から左へと書いていきます。また、○○回忌とそれぞれ入れたりする場合もありますので、詳しくは専門店にてお問合せください。


■のし見本(表書-志タイプ)
         のし見本


5.香典返し(生花・弔電・お手伝い)のお礼


■生花のお礼は必要でしょうか?

お香典の他に生花をいただいた方への対応に困ることがあります。この場合、身内や親族などには基本的に生花へのお礼品をお送りする必要はありませんが、上司や友人などに対しては、お香典返しにすこし予算アップをしてお返しされるとよいと思います。たとえば、いただいたお香典が1万円で生花がおよそ1万5千円の場合、5,000円のお返し金額にすこし予算をアップして7,000円~10,000円で商品をお返しされる方が多くいらっしゃいます。


■弔電の場合

弔電については金額的なこともあり、お礼の品物をお贈りされる方はあまりいらっしゃいません。ただし、いただいたご厚情にたいしてはきちんとご挨拶したいものです。葬儀後、なるべく早い時期にお礼の言葉を差し上げるのがよろしいかと思います。


■お手伝いいただいた方へは・・・

当日、なにかとお手伝いをいただいた方へはお礼の気持ちをお返ししたいものです。
金額的にはわずかでかまいませんが、葬儀後なるべく早くにお礼をなさるとよろしいかと思います。グループでお手伝いいただいた場合はお菓子などがよろしいかと思いますし、個別の場合は1,000円前後のご予算でお返しなさっている方が多くいらっしゃいます。

6.会社へ香典返しは必要?


■会社や所属団体の風土を尊重しよう

身内の葬儀の際に勤めている会社や所属団体から香典をいただくこともよくあります。この場合、香典返しは必要でしょうか?
一般的には、会社や所属団体の風土を理解して対応なさる方が多くいらっしゃいます。大企業などの場合は形式的に総務部などから届く場合がありますが、こういう場合は必要ナシと判断される方が多いようです。会社のごく親しい方々からいただくようなケースではやはり皆様お返しなさっています。なお、会社から生花や弔電をいただく場合、中小企業などでは、香典返しの予算をワンランクアップして社長宛にお礼なさる方が多いです。一人一人になにかお礼(お返し)をする必要はないでしょう。 


■どういったものが好ましいか?

いただいた金額にもよりますが、お香典の差出人が「○○一同」でいただいた場合は、その部署・チームに対して、みんなで分け合えるようなお菓子やお茶などがよろしいかと思います。500円程度のタオルなどを人数分ご用意なさる方もいらっしゃいます。ただし中身が通常個々にいただくお香典金額と変わらないような場合では、きちんと個別にお返しなさったほうが無難です。その場合はお菓子やお茶に限りません。

■どのタイミングが良いか?

お返しのタイミングはやはり四十九日(仏式)法要後に会社で手渡しされる方が一般的です。ただし、葬儀後出社した初日には一言お礼を述べておくのが常識です。
四十九日まで待たずにお返ししたいという場合は葬儀後なるべく早くお渡しされると良いでしょう。会社で手渡ししていきますので、本人がいない場合も考慮して、挨拶状は添付しておいたほうがよろしいかと思います。

7.香典返しとお茶の関係


■仏教と深い関係のあるお茶

葬儀のお返し物の代名詞としてお茶はたいへん有名であります。なぜこのような習慣ができたのでしょうか?実はお茶は仏教と深い関係があります。
むかし(奈良、平安、鎌倉の時代)は中国からお坊さんを招き、仏教の考え方を教わり、それを基本に日本の政治が行われておりましたが、その僧侶たちが万病の薬として持ってきたのがお茶なのでした。そして、その僧侶たちが毎日仏壇に健康を守ってくれる感謝の気持ちとしてお供えをしていたこと(献茶)が、日本の上流階級から一般庶民にまで広まっていったのが慣わしで、そこから「仏事にはお茶」という習慣が定着しました。


■お茶には境界を区切る意味もある

さらに、お茶が境界を区切る象徴的な意味をもっていることとも関係があります。たとえば、家を訪れた時、お茶が出れば、その家に受け入れてもらえたことを表しますが、これもお茶を飲むことである境を超える事例のひとつです。人が亡くなり、この世からあの世へと旅立つ、その境を超えることがお茶を飲むことで示されると考えられています。葬式にお茶を配るのは、本来はその場でお茶を飲んでもらうという意味のようで、今ではお茶を配ることで故人との別れを確かなものにするという意味が込められています。


■当店のお茶は

「葬儀のお茶はおいしい」と言っていただけるように、自信を持ってお届けできる、吟味されたラインナップを取り揃えております。製茶問屋との協力のもと、全国送料無料でお値引きもできるようになりました。(商品のご注文はコチラをご覧ください。)       

参考にさせていただいたサイト
「O-CHA NET」 https://www.o-cha.net/index.asp
「おいらくネット」 https://www.oirak.jp/

8.香典返しにカタログギフト


■カタログギフトのメリット・デメリット

最近の香典返しの傾向として、先様が選べるギフト(カタログギフト)を返礼品にお選びいただくお客様が増えてきました。カタログギフトを選ぶ最大のメリットとしては、
・先方様がその中から好きな商品をチョイスできる点
・金券の代わりに自由度の高いギフトをお贈りできる点
・消味期限等がなく、持ち運びにも便利な点
・先様が自分の家族などにも自由に差し上げることも可能な点
などが挙げられます。一方で次のようなデメリットもやはりあるようです。
・先方様がきちんと選んでハガキを送ってくれるか心配
・希望商品が在庫切れになっていたりして、希望通りいかない点
・そもそも希望するようなアイテムがなかなかない点
などなどです。


■カタログギフト向けの方・そうでない方

上記のことを考えると、ご返礼にはカタログギフトは上手に使われるとよろしいかと思います。たとえば以下のような方にはカタログギフトは喜ばれます。
・年齢の比較的若い方
・時間があり、じっくりとカタログから選ぶのが好きな方
・お子様などに差し上げることのできる方
などです。逆に次のような方には別の商品をご検討されるのもひとつの方法です。
・ご年配で一人では方法がわからなかったり、選ぶのがむずかしいと思われる方
・時間がなく忙しくしていてじっくり選ぶヒマのない方
・会社名義など団体や組織、連名でお香典をいただいている場合


■当店のカタログギフト

当店のカタログギフト(Best Collection)は百貨店のバイヤーが厳しい目でチェックした厳選商品のラインナップで、アイテム数やコース数も年々増えてきております。(現在は予算別に全13コースあり、5,000円コースでは約580点のアイテム掲載)また、ハガキの出し忘れや紛失にも確実に対応しておりますので、ご安心してご利用いただけるはずです。くわしくはカタログギフトのご案内ページをご参照ください。


(カタログギフトのご注文はコチラから)

9.香典返しに商品券


■香典返しに商品券(金券)は?

商品券や金券類は先様の使い勝手を考えたり、合理的だという考え方から返礼品としてお使いになる方もいらっしゃいますが、当店では金額(格差)がはっきりわかってしまうことなどから商品券のみのご贈答をオススメしていません。ギフト業界では商品券の代わりになる商品としてカタログギフトを考案し、今では香典返しでも広く認知されるようになりましたので、先様の自由度を考えたご返礼品選びであるなら、カタログギフトをお選びいただいてはいかがでしょうか?


■それでも商品券を使いたい場合

先様が気心の知れた方で、「商品券以外ならいらない」などおっしゃっている場合や、その他どうしても商品券を使わなとまずい場合など、当店では一般商品との併用をご提案させていただいております。(これはある程度高額のお香典をいただいた場合などに限られます。)たとえば、香典を5万円いただいた場合、香典返しは25,000円の予算となりますが、そういった場合、商品券を25,000円用意するのではなく、一般商品やカタログギフト15,000円+商品券10,000円=25,000円というような方法があります。(いただいた香典が1万円程度の場合はやはり商品券を使うのは避けられたほうが無難です。)


■よく使われる金券は?

やはり一番安心なのは「全国百貨店共通商品券」です。百貨店協会に所属しているいわゆる「デパート」であればどこでも使えるので安心です。その他「DCギフトカード」「UCギフトカード」等は百貨店のほかスーパーやホテルなどでも利用できるので、こちらも使い勝手はいいでしょう。その他の金券類はあまり使われる方は少ないようです。当店では上記3種の金券類は全てご用意しておりますので、どうぞお問合せください。

10.香典返しと割引・送料無料について


■後返しのデメリット

後返し(葬儀の後からお返しをすること)で香典返しをする場合の最大のデメリットとしては送料のコストが発生してしまうことです。おおよそ1件あたり300円~1000円程度はかかってしまうので、これが数十件分まとまってしまうとコスト面でもバカになりません。しかし、たいていの香典返し会社は送料無料商品や割引き商品を用意してますので、そちらを上手に使ってムダの少ないお返しとしたいものです。


■予算組みはトータルコストで考えましょう

実際に見積りを出してみる際、細かい計算になりますがあまり送料無料商品ばかりを考え過ぎるよりも、送料のコストと商品の割引き分をきちんと計算してみてオトクな方法を選択されるとよろしいかと思います。商品ごとに送料は無料だけれども、割引がなかったり、送料は有料だけれども、割引率が大きいので送料分のコストは十分カバーできる場合もあります。詳しい計算は係の方と相談してみてみることが大事です。(中には割引率があまりに大きい商品も商品の中身が金額にともなっていないケースも考えられるので、何事もバランスが大切だという認識をお持ちになられるとよろしいでしょう。)

11.香典返しをせずに寄付したい


■寄付について

葬儀でいただいたお香典を返礼品としてお礼をされる方は全体の9割を超えると言われていますが、中には香典返しはせずにどこかの団体へ寄付されるという方もいらっしゃいます。こういった事情についてはそれぞれご葬家ごとのご事情があろうかと思いますが、一番はそれが故人の遺志であるのなら尊重するべきだということです。


■どのようにすればよいか?

寄付の方法については希望する団体へお問合せいただければよろしいかと存じますが、香典をいただいた方々へはなんらかの方法で寄付した旨をお伝えされるのがよろしいと思います。一般的には四十九日の納骨後、通常香典返しを発送する時期に、手紙をお送りされるのが良いのではないでしょうか?


■過去のケースでは・・・


過去のケースでは、いただいた香典の全額を寄付するのではなく、一部を寄付に充てるという方が多くいらっしゃいました。具体的には、四十九日法要後に(半返しまではいかない)少額の返礼品を用意し、寄付の旨を記載した挨拶状を添えて発送されるという方法です。相手にも気遣い、故人の遺志も尊重したスマートな方法だと思いますので、採用されてみてはいかがでしょうか。

12.香典辞退・香典返しの辞退


■香典の辞退

葬儀で、「故人の遺志を尊重し香典は堅くご辞退申し上げます」という考えで香典辞退をされる葬家がいらっしゃいますが、あまりオススメできません。これが本当に故人の遺志であるなら、香典収入を得るのではなくどこか団体へ寄付する方法をとられてはいかがでしょうか。上記の場合、一般的にはお返しが面倒だから辞退するという葬家が多いと聞きますがこれは残念なことです。香典というのはもともと相互扶助の精神から生まれたもので、香典返しは日本独自の贈答文化といえます。この精神をきちんと理解せずに香典を辞退するのというのは、他人との交流を遮断するという他者排除にもつながっていくと考えられます。よほどの事情がない限りは香典を受け取るべきではないでしょうか。


■香典返しの辞退

反対に、香典返しを辞退される方もいらっしゃいます。「そんなつもり(モノをもらう為)で香典をだしたわけじゃない・・・」というお気持ちも分かりますが、前述のとおり、香典返しはご葬家からの本当の感謝の気持ちなので、こちらの場合もやはり受け取るべきでしょう。また、稀にいただいた香典返しの商品を販売店へ品換えに来られる方がいらっしゃいますが、これもやはり依頼主の気持ちをありがたく受け取るという精神からはずれた行為なのでやめましょう。


■香典返しは面倒か?
なお、香典返しは準備が面倒だと思われる方が多いようですが、準備に関してはやはりプロに相談されるのがよいでしょう。挨拶の文面や予算ごとの商品選びなど、きっと役にたつはずですので、葬儀後早い段階からなんでも相談されることをオススメします。(押し売りするような業者は避けるべきであることはいうまでもありません。良心的な専門店がたくさんありますので、そちらをご利用ください。)

13.香典返しを受け取ったら返事は必要?


■香典返しの返事

一般的には香典返しをいただいた際に返事はしないのが普通です。香典返しをもらってその礼状をだすというのは「不祝儀が繰り返される、あとを引く、長引く」という考え方から昔から避けられ、失礼とされています。


■どうしても言葉をかけたい場合

ただし、ご遺族の中には葬儀のあわただしさもおさまり、しみじみと悲しさや寂しさを感じておられる方もいらっしゃいますので、その場合には礼状ではなく、心をこめたお見舞状という形式でだされるとよいでしょう。電話で力づけてあげるのもよろしいのではないでしょうか。その際にひと言「ご丁寧に頂戴いたしました」とか「恐れ入ります」とお礼を述べるとスマートです。



お礼におすすめギフトご注文はこちら 

ページトップへ